お酒が飲めないキャバ嬢が売上を上げるテクニックとは?

お酒が全てではありません

前回お酒が飲めない女性がキャバクラで働く場合のデメリットについて説明しましたが、だからと言って売れているキャスト=お酒が飲めるとまでは言い切れません。

お酒が飲めなくても売上をあげているキャストは多くいます。彼女たちはお酒が飲めないのにどうやって売上をあげているのか?

今回はお酒が飲めないキャバ嬢が売上を上げるテクニックについて紹介します。

お客様に飲ませてしまう

会話が弾むうちにお客様飲む量が増えて、あれよあれよと言う間にボトルが空に……。

このようなことは銀座の高級クラブなどの一流のホステスやママクラスの女性にはよくあるテクニックです。

ボトルをほとんど飲まずとも、自然と空にしてしまえます。同時にお客さまのことも気持ち良く酔わせることが出来る高等技術です。

これが出来れば苦労はしない……と思うかもしれませんが、その通りです。

これを実行するにはかなりのトークセンスが要されるので、熟練者向けです。

ヘルプに飲んでもらう

これが一番スタンダードかもしれません。自分を本指名で来てくれているお客様のテーブルに「○○さんと飲みたいと言ってくれてる子がいます」などと上手いことを言ってお酒の強いキャストを場内指名してもらいます。

ヘルプはお酒を飲むのは仕事と思っている女性も多いのでこの手法は案外使えます。

ただ注意してもらいたい点は無理に人に飲ませる行為は、トラブルの元ですし、ハラスメントにもなります。

実際「あの子の席のヘルプにつくと飲まされるから嫌だ」という不満はどのお店でも聞きます。

お酒が飲めないキャストは、自分が飲めないからこそ、無理して飲むことの辛さが誰よりわかるはずです。「お酒を飲める子」と「お酒が好きな子」を把握して、なるべく「お酒が好きな子」を場内指名してもらうように工夫しましょう。

ヘルプの女性に対しては「飲めない」ことを主張するのではなく、申し訳なさと自分の代わりに飲んでくれる感謝の心を持ち、あくまで「協力」を求めましょう。

シラフだからこその接客をする

飲めたら飲めたに越したことはありませんが、飲むだけが仕事ではないのも事実です。

例えば、

  • 喋るのが得意
  • 聞き上手
  • たくさん食べられる(フード担当も立派な強味です!)
  • 自分なりの「武器」が必ずあるはずです。ひとつでいいので、見つけてみてください。

    例えば「お客様のことをバッチリ覚える」というのは周りが酔っ払っているのもあって大きな武器になります。シラフだからこそ、お客様との会話の内容やプロフィールを細かな部分まですぐに覚えることが出来ますのでこれを接客に生かせるようになりましょう。

    そしてそれをメール営業や次回の接客に活かして、お客様に「俺のこと覚えていてくれてる」と思わせることができれば勝ちです。

    お酒を飲めないというのはナイトワークではそれなりのハンディになりますが、それでもナイトワークで成功する方法はあります。大きなハンディを抱えているのにその他のこともできないようでは話になりませんので、必ず自分の長所を見つけて接客に生かせるように頑張りましょう。

    Author: vipplus

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です