キャバクラで指名を取るための接客術

清潔感を演出できたら次は接客

前回は美人じゃない女性でも清潔感を演出することで男性ウケが良くなることができるということを説明しました。

身だしなみを整えること、男性が一番シビれるポイントである匂いは過度に強調するのではなくほんのりと匂わせるくらいなのが重要だと接客する前の準備について説明ました。

今回はそれを踏まえて実際に接客する際に美人ではなくても綺麗な女性であることを印象付ける方法について説明します。

仕草(所作)

立ち振る舞いというのは、綺麗に魅せる為には、最も重要なことです。どんなに美人でも、姿勢が悪かったり、動き方がガサツだったり、座り方が汚ければ、台無しです。

美人ではない女性がそれをやってしまうと更に痛いのは当然ですので先ずは仕草や所作に気をつけましょう。

具体的には、

  • 背筋を伸ばす
  • 膝は、お客様の方に向け、両足先を揃え、体は少し斜めに構える
  • 手は膝の上に、重ねて置く
  • 指先は、真っすぐに揃える
  • 席の移動をする際も、背筋を伸ばし目線を遠くにし真っすぐ歩く
  • などが重要ポイントです。姿勢とは、礼儀作法の基本ですので、おもてなしの心が相手に伝わり、上品で、清潔感のある、好印象を与えるのです。

    これは美人ではない女性でも心がけ次第で可能なものです。

    話し方

    女性らしくて、綺麗な人は、汚い言葉なんか使いません。乱暴な言葉遣いや初対面なのに馴れ馴れしい話し方は絶対に止めましょう。

    距離感の演出で、敬語と、くだけた話し方を使い分けることは、ときに必要ですが、そのくだけた表現の中にも、配慮が必要です。

    お客様への敬意は、決して忘れないで下さい。仲良くなったお客様でも自分のちょっとした配慮のない一言で人間関係を壊してしまうこともあります。

    言葉遣いに自信が無い人は、なるべくゆっくり話して下さい。ゆっくり話せば、言葉を考えながら話せます。

    ヘアセット

    髪型による、顔面補正効果は絶大です。何割増しに自分をよく見せることができます。

    そして盛ろうと思うならロングヘアー以外はありません。男ウケを考えるとショートカットは、美人と、デビューしたてのアイドル以外は止めておいた方がいい髪型です。

    美人はどんな髪型にしても美人ですが、普通の人が顔面むき出しだと、大変なことになります。

    またヘアセットの力は偉大ですので有効活用しましょう。

    髪型が、ペチャンコで冴えないならば、接客の際に優秀なキャバ嬢が見せるキラキラオーラは出ないでしょう。

    髪型は、顔のふち取りです。雰囲気作りには必須なのです。

    大事なのはあくまで自分の顔に似合う髪型だということで、自分の顔のタイプや顔面偏差値に合わせた髪型に、セットをすることです。美人の真似をして高く盛れば良い、きつく巻けば良いというわけではありません。

    自分にあったヘアセットを早めに見つけましょう。

    まとめ

    自分が美人でないならば、適切な努力して、綺麗な人になれば良い。ここを怠ると元から美人の女性には絶対に勝てません。

    綺麗とは、雰囲気が出る女性のことです。今日お話ししたような要点を抑え、自分を磨くことです。綺麗になったら、美人には無い良さを生かし、指名が取れるようになります。

    自分という商品を生かすも殺すも自分のプロデュースの仕方次第だということを忘れないようにしましょう。

    Author: vipplus

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です